2008年08月30日

居酒屋の象徴「赤提灯」

軒下につるされる赤提灯に
お世話になってます。
その赤提灯の数々を紹介します。

赤提灯といえば、「大衆飲み屋」。
安く酒を飲ませる酒場。
というイメージです。

フォーク・グループ「かぐや姫」の
「赤ちょうちん」を思い出す方も少なくないでしょう。
昭和49年の大ヒット曲です。

20080831-08.jpg

若い二人は、
屋台の赤ちょうちんでおでんを買って
お酒をちょっぴり飲んで
それが、月に一度の贅沢だった。

「赤ちょうちん」のもと常連客が賑わう。
サラリーマンや銀行マン、社長さんなど
いろんな職種の人々がすぐに打ち解け合い
飲み仲間になれる。
ここでは職業など関係ないのです。

20080831-07.jpg

赤いちょうちんの代表選手として
「おでん」「焼き鳥」「居酒屋」「食事処」など
よく目にしますね。

20080831-10.jpg

この赤い色って、目立ちますよね。

昔、仲間と飲みに行く時、
「帰りに赤提灯に行かない?」
などと言っていたことを思い出しました。

今でも居酒屋や焼き鳥屋を
赤提灯」と呼ぶ人は多いと思います。
飲む=赤提灯
「粋」じゃないですか?

20080831-06.jpg

多分、日本の文化だと思われる「赤提灯」。
近所付き合いの苦手な方も
手軽に身近な「赤提灯」を
人生の社交場として活用してみませんか?

今夜も「文化交流」に出かけようかな!!





いつも応援ポチしていただいてる皆様へ。
有難う御座います。 (^o^)/
この場を借りてお礼申し上げます。 (^_^)v
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

東京 高円寺「餃子バル1964」

東京 高円寺にある「餃子バル1964」。
知人が探してきました。
「行った事はないけど、新しいお店があるよ」
「餃子専門店らしい」
この情報をもとに行ってみました。

20080828-01.jpg

当日は雨雨
電車とバスを乗り継いで到着です。

餃子バル、「バル」って「BAR]ですよね。
ってことは「餃子バー」だ。
餃子を楽しみながらお酒を楽しむ場所?
お酒を楽しみながら餃子を楽しむ場所?
自問自答で悩みながら、
「どっちでもいいか!」でた答えです。

20080828-02.jpg

さて、気を取り直して。
相手は「餃子」です。
ビールで乾杯の後
片手にジョッキ、片手に割り箸を持ち
静かに登場を待つことにしました。

20080828-03.jpg
エスニック 水餃子

最初の登場は「エスニック水餃子」。

「コリアンダー入り」と書いてありました。
いわゆる「パクチー」です。
好き嫌いは賛否両論ですが、
以外や以外、合うんです。

スープは鶏がらを使っていますね。
水餃子との相性は抜群です。
スープも最後まで美味しく頂けます。

20080828-04.jpg
薄皮パリパリ 焼餃子

本当にパリパリです。
焼けた餃子の中の具材が透けて見えます。
この薄皮がパリパリ感を演出してます。
何個でも入りそう。

餃子のつけダレとして一般的に使われるのが
醤油とラー油とお酢ですよね。

柚子胡椒がテーブルに置いてあります。
柚子胡椒は柚子の皮に
青唐辛子を練りこんで作られています。
風味と辛味がマッチして、
より味わい豊かなものになりますね。

とてもサッパリとして、くせになる味です。

今まで醤油とラー油とお酢で食べていた方、
新しい味が発見できますよ!
試して損はないと思います。

20080828-05.jpg20080828-06.jpg
タイ風 揚げ餃子

変り種の「揚げ餃子」です。
こちらもパリパリ、サクサクに揚がっています。
甘いタレにつけて「揚げ餃子」を頂きます。

甘辛さが癖になるタイ風揚げ餃子を楽しめます。

メニューはまだあります。
食べていない他の餃子を
次の機会に、酒とともに堪能したいと思います。
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

居酒屋の「揚げ物」

サックサクの「揚げ物」。
メンチカツって何だか好きなんですね。
コロッケが5円の時代に
メンチカツは10円でした。
当時の憧れがいまだに残っているのか・・・・・。
懐かし思い出です。

20080814-2.jpg20080814-3-1.jpg

東日本では「メンチカツ」。
西日本では「ミンチカツ」ですね。

西と東と言っても、
その境目がどのあたりになるのでしょうか?

皆さんのご協力を仰ぎたいと思います。
あなたは「メンチカツ」派ですか? 
それとも「ミンチカツ」派ですか?



上記の投票は、2008年9月30日まで実施します。
投票お願いします。


20080814-1.jpg

もう一つの揚げ物「鶏の唐揚げ」です。
居酒屋の定番メニューだと思います。

お店によって味も十色。
和食、洋食、エスニックと
沢山の種類の「鶏の唐揚げ」がありますね。

20080814-4.jpg20080814-5.jpg

写真はノーマルな
鶏の唐揚げだと思うのですが、
個人的には、韓国風とかタイ風などの
エスニックが好きですね。
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

東京杉並「東京ドドンパ」

楽しいお店発見!!
その名も「東京ドドンパ」。

20080827-01.jpg

飲みながら子供になれる楽しい空間です。
BGMは70年代、80年代のアイドルが中心で
ついつい口ずさんでしまう自分がいます。
「懐かしさ」だけで聞けてしまいます。

20080827-02.jpg

串揚げ、1串100円!!!
おでん、1品80円!!!
おつまみ、1品50円〜!!!

20080827-03.jpg
串揚げ

左から、キスX2 鶉の卵X2 エビ シュウマイ
これで600円(今月は5本以上100円OFF)。
来月は??????


20080827-04.jpg20080827-05.jpg
店 内

壁には70年代のアイドルの写真
(山口百恵、郷ひろみ、南沙織、松田聖子、
 榊原郁恵、小泉今日子、ずうとるび・・・・)や

当時のEP盤のジャケットが
所狭しと張ってあります。

コーナーの一角は駄菓子屋さん状態に・・・・・・
懐かしい「昭和の香り」がプンプンです。

ガードしたの「飲み屋」といった感じで
コーラのケースが積み上げられたテーブル。
昔ながらの立ち飲みの風景。
チープさを盛り上げています。

B級グルメの代表です。
ひとりでも仲間とでも気軽に入れます。
仕事帰りにサクッと一杯なんて
いいですよね。特にこの時期は・・・・・

20080827-06.jpg

安い。とにかく安い。
庶民的な値段で1000円札1枚あれば
ほろ酔い気分になれる。
昭和回顧にはもってこい。
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

館山の宴 夢紀行 其の4

今日も一日が終わろうとしています。
それとも、これからが始まり???

20080826-01.jpg

昨日の芋焼酎「皇神」がまだまだ残っていたので
「皇神」を持ち込んで
別のお宅で再度飲み会に・・・・・。

昨日同様、本日もご馳走様です。

20080826-09.jpg

チョッと小振りですが高級食材「伊勢海老」です。
淡いピンク色に透き通った身は
独特なプリプリ感が特徴ですね。

20080826-03.jpg
伊勢海老のお造り

甘みが上品で締まって弾力のある身は
やっぱり新鮮さが一番ですね。


美味しそうな焼き色です。
今も昔も朝食の定番の「アジの開き」。

20080826-04.jpg20080826-05.jpg
アジの開き

程よい塩加減。
脂ののりが違う!!
食べるほどにアジの旨みが
口の中に広がります。
身が厚くふっくらした食感がいいですね。
やっぱり日本人でよかったぁと感じた瞬間です。

20080826-06.jpg20080826-07.jpg
白魚の塩辛

珍味な逸品です。
「白魚の塩辛」。
白魚が姿のままタップリ塩辛になっています。
よくあるイカの塩辛のような
感じではなく、白魚のプリッとした食感と
甘みのある風味が美味しいのです。

酒をチビチビ飲みながら
白魚の塩辛をチビチビ食べる・・・・・・!
おすすめは、日本酒です。

はじめて頂きました。
お茶漬けもいいでしょうね。

20080826-08.jpg
伊勢海老の味噌汁

お造りで頂いた伊勢海老の味噌汁です。
上品で優しい味が心に染み渡ります。


楽しく美味しい
「館山 夢紀行」の日々でした。

皆様、大変有難う御座いました。
充実した日々を送る事ができました。
また、お会いできる日を
楽しみにしております。
タグ: 館山
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

館山の宴 夢紀行 其の3

今日も暑い一日でした。
またもや友人宅です。
ご馳走になります。

20080825-04.jpg


20080825-01.jpg
芋焼酎「皇神」

鹿児島県の芋焼酎。
「皇神」(すめがみ)と読みます。

HPを調べてみました。
白麹で仕上げた一次もろみに、
完熟した黄金千貫を加え発酵させ、
さらに黄麹をプラスする「追麹造り」という
独特の製法で造られています。
優しく滑らかでまろみがある独特の風味です。
芋の特徴そのままに、
気高い香りと奥深い味と甘さをお楽しみ下さい。
(このように説明されています)

よく分からないが、凄い製法なのだろう!
何といっても飲みやすい。
それにつきます。

20080825-02.jpg
あわび、サーモン刺し

更に、HPには
キスや稚鮎なんかもいい。
しっかり旨味のある小魚の唐揚げや
天麩羅をサクサクつまみに
ゆっくり杯をかたむけたい。
ともあった。

付け加えたい。
あわびとサーモンの刺身にも相性が良い。

20080825-03.jpg
新サンマの塩焼き

もう一つ付け加えてもいいだろうか!
「サンマの塩焼き」にも良い。
サンマに限らず「焼き魚」に良い。
がしかし「カレイやヒラメ」といった
純粋な白身魚には焼酎が勝ってしまう。

一癖ある「魚」が良いのかと思う。

それにしても芋焼酎らしからぬ、芋焼酎だ。

日本酒の味わいに似ている
という表現がいいのかもしれない。

20080825-05.jpg
あわびの肝焼き

刺身とは一味いや二味違う
「あわびの肝焼き」の登場です。
その身は柔らかく、
とても味わい深いものです。
本日のしめにふさわしい料理です。





いつも応援ポチしていただいてる皆様へ。
有難う御座います。 (^o^)/
この場を借りてお礼申し上げます。 (^_^)v
タグ: 館山
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

今日も海鮮料理「有香」


20080822-10.jpg

先日は気付かなかったのですが
「入店心得」なる張り紙を発見しました。

書いてある内容は、
ペットと乳幼児連れはNG
マナーの悪い人はNG
飲食物持ち込みはNG
酒はビール2本、日本酒2合、水割り2杯まで、
などなどです。

「納得できることと納得できないことが・・・・・」
複雑な気分になる張り紙です。


20080824-02.jpg

寿萬亀の冷酒を注文しました。
寿萬亀は南房総の地酒。
くせが無く日本酒が苦手な女性でも
楽しむことができるお酒だと思います。


20080824-05.jpg

グラスには「いわし」が泳いでます。
涼しげですね。
他には「ひらめ、サヨリ、ふぐ」などが
ありました。(見せてもらいました)

20080824-03.jpg20080824-04.jpg

脂ののった「しめさば」です。
チョッと〆の時間が長いかな〜ァと思いつつ
美味しく頂きました。
厚切りが嬉しいですね。

20080824-06.jpg

魚屋さんが作る「イカの塩辛」。
日本酒の肴として最高です。

余談ですが、魚屋さんが作る塩辛って
美味しいんですよ。
なぜかというと、
食材を厳選できるという強みがあるからです。

昔、よく作っていただきました。
お世話になりました。





いつも応援ポチしていただいてる皆様へ。
有難う御座います。 (^o^)/
この場を借りてお礼申し上げます。 (^_^)v
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

館山の青森「ねぶた茶屋」

館山の青森・郷土料理です。
このお店は友人の紹介です。
一緒に行ったのですが・・・・・

20080823-01.jpg

地元ではリーズナブルで美味しいと
評判のお店ということで行ってみました。
午前2時まで開店してるとあって
23時過ぎても混んでます。

比較的地元の若者が多いかなぁ?


20080823-02.jpg

ビルの二階にあります。
目印は入り口階段の提灯です。
目立ちますよ。

20080823-05.jpg

ウーロンハイでスタートです。
その後、日本酒に移行したのは
いうまでもありません。

20080823-03.jpg20080823-04.jpg

日本酒の肴「ホヤ刺し」です。
日本酒との相性は抜群。

その他にも、アジのなめろうや地タコなど
魚介類もメニューは豊富。
青森産の鳥を串焼きにして
カウンターのすぐ後ろで焼いています。
串焼きも美味しかった。

写真の撮り忘れが悔やまれます!






いつも応援ポチしていただいてる皆様へ。
有難う御座います。 (^o^)/
この場を借りてお礼申し上げます。 (^_^)v
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

館山 海鮮料理「有香」

暑い一日でした。
しかし、日陰に入ると
爽やかな風を感じることができます。

今日も一日頑張ったご褒美に・・・・・
出かけました。

20080824-01-1.jpg

駅の近くの海鮮料理「有香」です。
魚屋さんがやってるという情報をゲットしたので
行ってみることにしました。
確かに隣が魚屋さんです。

店内は意外と若いお客さんで混んでいて、
カウンターが数席空いている状態です。
「空いててよかった!」
迷わずカウンターへ陣取ります。

20080822-02.jpg

まず「ビール」からですね。
体にしみわたる美味しさ。
水分を欲していたのでしょうか?

20080822-03.jpg

メニューを見ると
おすすめが別にあるとの事で
探すと、有りました。
お刺身の品目がずらりと並んでいます。
悩むこと5分。
「キンメ刺し」を注文。

20080822-04.jpg

脂がのってますね。
醤油に脂の膜が広がります。
プリプリの食感がたまりません。

情報は正しかったですね。

魚屋さんがやっているお店だけあって
新鮮な地の魚を食べる事が出きます。
煮魚定食や焼き魚定食なども充実していて
「飲んだり、食べたり」が楽しめます。





いつも応援ポチしていただいてる皆様へ。
有難う御座います。 (^o^)/
この場を借りてお礼申し上げます。 (^_^)v
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

千葉県南房総市 野島崎灯台

一日オフです。
南房総市の野島崎灯台まで足を伸ばしました。

館山市内から洲崎灯台の脇を抜け
房総フラワーラインを通り南房総市に入ります。
さらに野島崎灯台(白浜)まで海岸沿いのドライブです。

20080819-03.jpg

何故か「飛び魚」のオブジェ
「かっとびくん」です。
海に向かってたっています。

「大海原に羽ばたけ」
というメッセージなのでしょうか?


20080819-02.jpg20080819-04.jpg

房総半島の最南端に位置する
「野島崎灯台」
真っ白で天に伸びる八角形の建物は
勇壮で力強さを感じます。

20080819-01.jpg

灯台の先にある岩山に登ると
目の前に太平洋が広がります。
地球が丸いことが実感できますよ!!

20080819-08.jpg

食事処で「氷」の文字が・・・・・
あまりの暑さに我慢ができない
(誘惑に負けた)状態で頂くことに。

20080819-05.jpg

「氷」の前に「ところてん」を注文です。
さすがに海が目の前ですね。
(素材の天草もとり放題???)
とても美味しい。
続けて「あずきミルク」を注文。
これまた美味しい。
のど越しといい、甘みといい
究極の癒しです。

20080819-06.jpg

真夏の昼過ぎ、おやつはこれで決まりです。


20080819-07.jpg

漁船の向うに灯台が見えます。
この静かな海の状態が
何時までも続けばいいのですが、
これから台風の季節になります。

関東、特に千葉県に台風が近づくと
洲崎灯台と野島崎灯台の模様が映し出されますね。
今年はその回数が少ないことが
望ましいいのですが・・・・・・。
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

フラメンコフェスティバル in 館山

フラメンコフェスティバルを見に
千葉県南総文化ホールに夕方行って来ました。

20080820-01.jpg

ホール内の公演は終わっていましたが
ホールの中庭でのアトラクションです。
縁日感覚で楽しめる企画ということです。

今までステージで踊っていた人達が
特設野外ステージで、中庭の芝生で、
本当に目の前でフラメンコが楽しめます。

個人的にはこちらのほうが好きですね。

20080820-03.jpg

太陽の下のフラメンコも良いものですね。
フラメンコに魅せられた全国の大学生の
情熱的な踊りです。


20080820-02.jpg

こんな小さな子供まで参加していたんですね。
愛らしいフラメンコです。

中庭には地元に人達が
露店を出していました。
そこにこんなものが・・・・・・!

20080820-04.jpg

クジラですよ。
く・じ・ら!!
もちろん頂きました。

20080820-05.jpg

これがクジラコロッケです。

外見は普通の「コロッケ」ですが、
中身にジャガイモとクジラ肉のミンチを使っています。
味付けがしっかりしていて
とても美味しかった。

posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

館山の宴 夢紀行 其の2

花火大会終了後
友人宅にお邪魔しました。

20080818-06.jpg

暑いときはビールに限る!
花火大会では缶ビールを飲んでいたのですが
あらためてビールで乾杯です。

20080818-01.jpg

つまみは新鮮な「アジの刺身」です。
脂がのってるし身は締まってるし
普段食べるものとが違う〜〜〜〜!!!

午前中に捕れたものということです。

20080818-08.jpg

芋焼酎「桜島」に移行です。
芋焼酎独特の香りと、
味の輪郭がはっきりとしています。
口当たりも重くなく優しく飲める焼酎です。
味、香りの強い食材にはもってこいですね。

アジの刺身を焼酎で堪能していると
台所で笑い声が・・・・・

覗いて見ると・・・・・

20080818-05.jpg

「あわびとサザエ」で遊んでいました。

大人の男性の手のひらオーバーの
巨大な天然くろあわびです。(キロオーバーとのことです)
サザエも大きな拳ぐらいあります。

贅沢極まりない超高級食材です。

20080818-07.jpg

20080818-03.jpg

普段より薄めに切ったと言ってました。
普段は「ドンダケェ〜〜〜!!」

コリコリとした食感と磯の香りが
堪らなく美味しいですねェ〜!!
「やばい」って感じでしょうか?

「肝」ももちろん美味しく頂いたのは
言うまでもありません。

20080818-04.jpg

サザエの存在がぶっ飛んでしまっています。
もちろん美味しいのですが
これだけの「あわび」を食べた後なので

「あ〜〜ァ。悲しいかな。サザエさん・・・・・!」
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

第45回館山観光まつり館山湾花火大会

19時30分。
豪華客船「にっぽん丸」の汽笛を合図に
カウントダウンの始まりです。
「・・・、3、2、1、点火」
打ち上げのスタートです。

海辺で花火。じつに風情がありますね。

打ち寄せる波の音が心地よく
真夏の暑さを忘れさせてくれます。
さらに海風が体を癒してくれます。

20080817-06-01.jpg20080817-09-01.jpg

花火の大音響が体に響き
夜空と海を色鮮やかに染めていきます。

花火の見どころは、大小の花火が一斉に
100発以上も打上げられる特大スターマインと
海面から直接打上げられる水中花火です。

20080817-10.jpg

「ドーン」という音とともに、扇形に開く水中花火。
海面から直接打ち上げられる花火で
直径240mの扇形を描く8号玉が迫力満点です。

観客の目の前という至近距離で
花開く水中花火は華麗で圧倒的な迫力です。
体に風圧を感じる程です。

20080817-15.jpg20080817-16.jpg

真夏の暑さと疲れを吹き飛ばす
豪快な花火大会です。

来年も来れるといいですね!

20080817-14.jpg

花火と同時に海岸特設ステージでは
「花火とフラメンコ」と題して
全国学生フラメンコ連盟による、
フラメンコが披露されています。

フラメンコのエキゾチックで情熱的な踊りと
迫力の花火を楽しむもことも出来ます。
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

千葉県館山市 夢紀行 其の1

館山市のシンボル館山城
城山公園の中に建つ館山城。

城山公園は館山市街の南側丘陵に位置して
戦国時代の武将、里見氏の居城があった場所です。

20080817-05.jpg

頂上までは歩いて10分〜15分。
頂上から望む「館山湾(鏡ヶ浦)」眺めは絶景です!

20080817-01.jpg

ここは館山市立博物館の分館になっていて
歴史的資料「南総里見八犬伝」などが展示されています。

「八犬伝」の舞台となった地という事もあって
八犬伝関係の書籍や資料が多く展示してあります。

一度足を運んでみてはいかがでしょうか・・・・・


20080817-02.jpg20080817-13.jpg

当日は館山湾花火大会です。
沖には、豪華客船「にっぽん丸」が停泊しています。
館山花火クルーズというツアーがあるそうです。

20080817-04.jpg

館山湾は、鏡面のように波が静かなので、
別名「鏡ヶ浦」と呼ばれています。
この穏やかな海岸で行われる花火大会。

名物は、海面から直接打ち上げられる水中花火。
直径240mの扇形を描く8号玉が迫力満点です。

20080817-03.jpg

日も沈み、客船「にっぽん丸」もライトアップ。
まもなく花火大会の開幕です。
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

オージービーフ

千葉県館山市に長期滞在でした。
仕事です(涙)
滞在中は魚介類中心だったので
肉が食べたい。
行ってきました。

20080812-1.jpg

ワインで乾杯です。
久しぶりの赤ワイン。

20080812-2.jpg

魚介類中心の食生活は明日以降
じっくり紹介します。

今日はお肉(オージービーフ)です。
300gをレアーで焼いてもらいました。

子供の頃は「ビフテキ」って呼ばれてましたね。
超高級料理です。(かなり昔です)
洋食レストランに家族で出かけた記憶があります。

しかし今では、安くて美味しい牛肉が
市場に出回っています。
「たまには、ステーキでも食べよかなぁ〜!」
くらいの感じですね。

20080812-3.jpg

肉は柔らかく、中まで温かい。
焼き加減が丁度いいのが美味しいです。

昔の「ビフテキ」が逆に懐かしい!
薄くて硬くて、よく焼かれたお肉を、
見よう見まねでフォークとナイフを
苦労しながら使って食べていました。



タグ:ステーキ
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

居酒屋「かさり」

先日、雨宿りで入ったお店です。
突然の雷、ポツポツと降る始めたかと思ったら
バケツをひっくり返したかのような雨。

傘も役に立たず
「かさり」にお邪魔しました。

20080810-11.jpg

噂には聞いていましたが初めてです。

20080810-12.jpg

ビールで雷に感謝?の乾杯です。

20080810-13.jpg
タコのマリネ

お通しの「タコのマリネ」です。
玉ねぎはしっかりさらしてあって
マリネしてます。
ドレッシングが美味しいですね。

20080810-14.jpg
イカとセロリのオイスター炒め

イカとセロリが合いますね。
更にビールとの相性も抜群です。

オイスターソースを使うことで
コクのある味わいになりますね。
とても美味しく頂きました。

雷と豪雨に感謝?です。
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

徳島 寺町界隈

寺町界隈を散策です。
最初に目についたのが「錦竜水」です。

20080809-1.jpg

眉山のふもとの湧き水です。
歴代の藩主はこの「錦竜水」を愛用して
飲料水としていたとの事です。

20080809-2.jpg20080809-3.jpg

とにかく冷たくて甘い水です。
火照った体には最高です。
顔を洗い、腕を洗い、
美味しく飲ませていただきました。

ふと見ると、次ようなことが書いてあります。

20080809-7.jpg

自然水ですので殺菌はしていません。
飲用の際は煮沸して使用してください。

当然といえば当然です。
丈夫な体に感謝しつつまたまた頂きました。


この寺町界隈は、1585年に阿波に入国した
蜂須賀家政が城下に寺院を集めて作らせた町です。
(とくしま観光ガイドより)

20080809-4.jpg
東宗院

20080809-5.jpg
般若院

時間の都合で「東宗院、般若院」の2院だけ
写真として残すことが出来ました。

※他意がないことを記させて頂きます。


20080809-6.jpg
たらいうどん

お隣の香川県には「釜揚げうどん」があります。
徳島県は「たらいうどん」です。

文字通り、たらいに入った「うどん」を
ダシの利いたつゆにつけて頂きます。

コシがあって、モチモチで
四国のうどんは美味しい。
実感です。
この「たらいうどん」は空港で頂きました。
タグ:徳島
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

徳島の夜 Part2

「ジョワ」二日目です。
焼酎で乾杯です。

20080808-1.jpg
富乃宝山

一杯目は普通のロックで頂きます。
芋焼酎でありながら芋焼酎のクセがなく
和食はもとより洋食との相性もバッチリ。
おしゃれな芋焼酎ですね。

20080808-2.jpg
すだち

徳島特産の「すだち」です。
焼酎に絞るための持ち込みです。
ごめんなさい。

クセのない「富乃宝山」に入れちゃいました。

すだちの香りと富乃宝山も香りが相まって
別の贅沢な飲み物に変身です。
一度は試してみてください。

20080808-3.jpg
オードブル盛合わせ

様々な「海の幸」が味わえるオードブルです。
プリプリのエビがよかったな〜〜。

20080808-4.jpg20080808-5.jpg
仔羊のロースト粒マスタード風味

クセがなくとても柔らかい逸品です。
デミソースに感激です。
とても美味しい。
「富乃宝山」ととても合います。

20080808-6.jpg20080808-7.jpg
ビーフシチューの入ったオムライス

本日のメインです。
「ビーフシチューの入ったオムライス」。
かかっているソースも
ビーフシチューのソースだった気がします。
美味しさのあまりガツガツ食べてしまいました。
覚えていません。すみません。
m(..)m

大盛りと思える程の普通盛りです。
量といい質といい大変満足です。
とても美味しい。

オムライスのメニューが豊富です。
タグ:徳島
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

眉山のふもと「阿波おどり会館」

散策の開始です。
今日は「阿波おどり会館」で阿波おどりの勉強です。

20080807-14.jpg

眉山のふもとにある「阿波おどり会館」。
5階建ての建て物で、
最上階が「眉山ロープウェイ」の
山麓駅になっています。

20080807-11.jpg

400年の歴史がある阿波おどりには
様々な諸説があります。

1 盆踊り起源説
旧暦の7月に行われた盆踊り説。

2 風流踊り起源説
組踊りが、の能楽の源流をなすといわれる
「風流」の影響を強く受けていて
これを始まりとする説。

3 築城起源説
蜂須賀家政による徳島城落成の祝賀行事に
城下の人々が踊ったのを始まりとする説。

いずれの説からしても、
400年をこえる歴史があるのは事実です。

徳島といえば「阿波おどり」。
情熱的な踊りの代表ではないのでしょうか。


以下の写真は許可を頂いて撮影しています。
といっても、声を掛けただけですが。
「写真撮ってもいいですか?」
「どうぞ!」  これだけでした。

20080807-12.jpg

20080807-13.jpg

8月12日〜15日の4日間は
熱い!「阿波おどり」です。
⇒続きを読む
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

徳島の夜「ジョワ」

徳島 レストラン「ジョワ」です。
地元の知り合いが
連れて行ってくれました。

20080806-11.jpg

店内の黒板にメニューが
本当にたくさん書かれています。
見ているだけでも飽きません。
良く見ると、細かく分類されています。

20080806-17.jpg

まず、ビールで乾杯!!

20080806-12.jpg

注ぎ方が上手いですね。
クリーミーな泡までも美味しい。

20080806-15.jpg20080806-16.jpg
若鶏のソテーB.B.Q.ソース

柔らかくて美味しい。
数人で食べたので”アッ”という間に終了。

追加をお願いしたのは言うまでもありません。

20080806-13.jpg20080806-14.jpg
エビのトマトソーススパゲッティ

これで一人前です。
とにかく量が多いですね。
それでいて美味しい。さすがです。

大勢で食べるには重宝します。
「明日も来ます」
お願いしました。
タグ:レストラン
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

徳島です! 徳島に到着!

徳島のシンボル「眉山」です。
(びざん)と読みます。(まゆやま)ではないですよ。

20080803-1.jpg
眉山

標高290m。
どの方向から見ても「眉」の格好(形)をしているので
「眉山」と呼ばれています。
(観光ガイドに書いてあります)

20080803-3.jpg
JR徳島駅

綺麗な駅ビルですね。
乗り換え駅として使ったことはありますが
市内での仕事は始めて。
早速、散策に出かけます。

20080803-2.jpg

最初に目に止まったのがこのビル。
上ってます。ゴリラです。
?????

20080803-5.jpg20080803-06.jpg

徳島といえば阿波おどり。

「♪踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」
400年の歴史を持つ徳島の阿波おどり。

20080803-6.jpg
欄干のレリーフ

市内にはレリーフがたくさんあります。
ぶらぶらと探して歩くのも楽しいですね。

タグ:徳島 日記
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

タイ屋台「ダオタイ」

ヤッパリ暑い!
今年は、昨年までより暑い気がする。
気のせいでしょうか?

蒸してる東京の夏の夜は「ビール」で乾杯!!

20080804-2.jpg

ビールを楽しむ間もなく
最初の料理がやって来ました。
まずは「炒め物」からです。

20080804-1.jpg
タレーパッナムプリック

魚貝の辛み炒め。

プチ!タイ語講座
タレー:海のことで、料理の場合 「シーフード」 の意味
パッ:炒める
ナムプリック:唐辛子が入った辛みオイル

一口目は甘く、ジョジョに辛みが広がってきます。
二口目からは、インパクトのある辛みが
先に広がり、次に旨みがやってきます。

エビもイカも、ぷりっぷり!!
野菜はシャキシャキで、「ぷりぷりシャキシャキ」を
同時に楽しむことが出来ます。

「ビール」との相性抜群です。

続いて「揚げ物」です。

20080804-3.jpg
ガイトード ガッティアム

プチ!タイ語講座
ガイ:鶏肉
トード:揚げる
ガッティアム:ニンニク

いわゆる「ガーリックチキン」です。

とっても美味しい!!
下味に使っている「調味料・香辛料」が
何を使っているのか分からないけど、
とにかく美味しい!!!

言うまでも無く「メコン」に移行です。

原料はサトウキビのため、香りも良く甘みがあります。
この甘みが、辛味を抑えてくれます。

とにかくGO!

20080804-4.jpg
タグ:タイ屋台
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアエスニック料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

休肝日の「らーめん」

PC修理のため仕方のない「休肝日」です。
暑さのせいではないと思うのですが・・・・・・

20080802-11.jpg

夜中に「美味しいラーメン」を食べたくなり
探した結果行き着きました。
遅い時間なのに結構込んでます。

餃子とねぎラーメンを注文。

20080802-12.jpg
ねぎラーメン

先にラーメンが出てきました。
水にさらした白髪ねぎを山盛りにした
「ねぎラーメン」です。
さらに、輪切りのネギが散らしてあります。

このお店は背油を使っています。

しかし、こってりラーメンというよりも、
あっさり背油ラーメンといった感じ。
とても美味しい。

注)麺は、醤油・塩が細麺、味噌が太麺です。
好みで、麺の太さ、背油の量、味の濃さなど調整してくれます。

場所は次回に・・・・・・。

20080802-13.jpg20080802-14.jpg
餃子

具沢山の「餃子」です。
具の味付けが程よく、美味しく頂きました。

チョッと食べ過ぎたかも・・・・・・・。
posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜食ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

沖縄は美味い!

東京 中野にある「島の唄」

20080801-1.jpg

週末は、何時行っても満席状態。
事前の予約は必須です。

今日はふらりと寄ってみました。

な、な、なんと・・・・・・。
珍しいこともあるものです。

20080801-2.jpg20080801-3.jpg
ソーキ煮

骨付きあばら肉(スペアリブ)を
じっくりとコトコトと煮込んであるから、
軟骨もトロトロになって
トロける美味しさの「ソーキ煮」です。

疲労回復には最適な豚肉ですね!

20080801-4.jpg
瑞泉のカラカラ

柔らかく煮た「ソーキ煮」は泡盛との相性抜群です。

「青龍 古酒」を頂きました。
いつもは「八重泉 黒真珠」を頂くのですが、
終わってしまったとのこと。

飲みやすく、瑞宣独特の甘みとまろやかさは
「流石」です。

20080801-5.jpg
どぅる芋コロッケ

田芋(ターンム)という沖縄の芋を使った
ねっとり系のコロッケです。

里芋のようなモチモチした食感が特徴で、
沖縄では田芋(ターンム)を
お祝い事や正月などの料理に使用し
沖縄伝統料理に欠かせない食材の1つなのだそうです。

posted by 気づいたら居酒屋委員会 at 16:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。